RENT 雑感

ニューヨークタイムスの衝撃的な記事

6月1日をもって、NY・ネダーランダーシアターでのミュージカル「RENT」公演はクローズするそうです。

そうか。なんだか、RENTはNYに行けばずっと見られると思っていた。

今年はきっと無理だけど、来年行ったら今度はラッシュに並んで、とかなんとなく思っていたけど、終わりはあるんだね。

まあもしかしたら、キャッツのラストみたいに、2ヶ月くらい延長するのかな?ちょうどサマーシーズンになるし。とか思ったりして。

だからと行って、さすがに今回は猫姫のことがあるので、行くわけにも行きません。

去年の秋に行っておいてよかったなあ。

去年のあのアンソニーとアダムの素晴らしい公演を見られて、一区切りついた感もある。

6月1日。何事にも終わりはあるのかもしれない。

でも、心の中にはあの素晴らしさが残る。

まあ、きっと来日公演は来るよね。(日本に来るとお金になるのはもうわかってるだろうから。来てくれーい。)

2008,1、17

追記(2008、5月)

現時点で、6月のクローズは9月7日まで伸びています。

但し、楽日及び、何日間かの上演は、関係者のみの観劇になるようです。

行きたいけど、行けない。

なぜなら、自分の本番があるからさ。ふん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,12,30 いいかげんRENTもとまらないっ (2007年度改訂版)

(画Photo像は2007年夏、ブロードウエイスペシャルキャスト公演、左マーク:アンソニー・ラップ、右ロジャー:アダム・パスカル)

□RENT:観劇記録

  ~いつのまにか10回以上内外で観ていた~

NO.1☆ 1998年 ジャパニーズキャスト

      ロジャー:宇都宮 隆・渡辺 忠士(Wキャスト)、マーク:山本 耕史、ミミ:浜口 司、コリンズ:石原 慎一、ジョアンヌ:坪倉 唯子、エンジェル:KOJIRO、モーリーン:森川 美穂、ベニー:KONTA シンガー:Tina他

NO.2☆ 1999年3月 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

NO.3☆ 1999年 ジャパ二ーズキャスト

      ロジャー:宇都宮 隆、マーク:山本 耕史、ミミ:浜口 司、コリンズ:石原 慎一、ジョアンヌ:浦島 りん、エンジェル:藤重 政孝、モーリーン:La Pearl、ベニー:泉 洋平 シンガー:山崎 ちか 他

NO.4☆ 2000年4月 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

NO.5☆ 2000年7月 来日公演 文京シビックホール

      ロジャー:Gary Shields、マーク:Matt Caplan、ミミ:Saycon Sengbloh、コリンズ:Mark Ford、ジョアンヌ:Jacqueline B Arnold、エンジェル:Shaun Earl、モーリーン:Erin Keaney、ベニー:Brian M Love、アンダースタディ:Joshua Kobak

このツアーは最高の出来でした♪

NO.6☆ 2003年12月 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

NO.7☆ 2004年2月15日(日) 来日公演、新宿厚生年金会館ホール

NO.8☆ 2月18日(水) 来日公演、新宿厚生年金会館ホール ブレイクスルー当選

NO.9☆ 2005年12月18日 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

     (12月17日 映画版「RENT」マンハッタンのシネコンにて)

    2006年 4月29日(土)映画版「RENT」初日 渋谷文化村ル・シネマ

      5月13日(土)映画版 渋谷文化村ル・シネマ

NO.10☆ 2006年 11月19日 来日公演、新宿厚生年金会館ホール

NO.11☆ 11月21日 来日公演 、新宿厚生年金会館ホール ブレイクスルー当選

NO.12☆ 2007年 9月29日(土)ソワレ ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

NO.13☆       9月30日(日)ソワレ ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

              Roger Davis:Adam Pascal、Mark Cohen:Anthony Rapp, Tom Collins:Troy Horne, Benamin Coffin :Rodney Hicks,Angel Schunard: Justin Johnston,Joanne Jefferson:Crystal Monee Hall, Mimi Marquez:Tamyra Gray,Maureen Johnson: Nicolette Hart   アンサンブル:Caren Lyn Manuel,Marcus Paul James,Maia Nkenge Wilson, Luther Creek, Telly Leung, Shaun Earl, Yuka Takara

NO.14☆ 2007年 12月15日(土) 来日公演 国際フォーラムホールC

                             ロジャー:Heinz Winckler, マーク:Jed Resnick、コリンズ:Anwar F Robinson、ベニー:John Watson ジョアンヌ:Onyite Nwachukwu、エンジェル:Kristen-Alexzander Griffin、ミミ:Jennifer Colby Talton、モーリーン、Crhristine Dwyer

今後の予定

2008年 12月 ニュー・ジャパニーズキャスト シアタークリエ

2009年 9月? 来日ツアー (アンソニー・ラップ、再来日?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,12,24 2007年もRENTはとまらなかったです♪

去る、12月15日(土)ソワレ  @国際フォーラム ホールC

RENT 来日公演(東京)

ワタクシはNYの2回を入れて、今年3回目の観劇です。

今回、気合を入れて友人とチケットを合計8枚、2日にまたがって取りましたが、いずれも、超最速先行、というわりには、座席が悪いじゃんよ!!イープラスさん!!

でも、とれただけいいよね、土日しか観れない友達もいるので、両日とも土日でしたから。

土日は早い段階でソルドアウトだったらしいし。

みれただけ、よし、とせねば。

去年の来日公演は、年齢など等身大のキャストでそれがいいという点もあるにせよ、いかんせん、ミュージカルだというのに歌が・・・よくなかった。(それに何故か太めのキャストの人が多かった。)私には、ロン毛のロジャーが受け入れられず、(歌い方も)かろうじて、マークはまあいいかなあ?と言う感じだったが、今年のマークは来日二度目のその彼!いいじゃないですか。そして、前回の演出は改悪でしたので、今年はちゃんと本来の演出どおり、ということを聞いていたのでほっとしてました。

絶対、ジョナサンの大本のスクリプトを大切にすべき!!

それがRENTの良さでもあるのだから。

はい、そして今回よかったです。皆さん、歌も及第だし、皆キャストが美人さん多いし。

(今年の秋のNYのRENTはマイ・ベストRENTに躍り出ちゃいましたが。まあ、これは当然かと。)

Photo_3 今回も買った、RENTのTシャツ

グッズ売り場がものすごい人で突入して購入。

気が動転するあまり、Mサイズ買っちゃいましたよ。(Sサイズでよかったのに。ちなみにムスメっちでXSサイズだもん。)

Photo_4 なんと今回トートバッグが。

パン屋のトートバッグも1000円以上だと買わないのに、1000円だして買いましたよ。笑

何色もあるうち、ピンク。

・・・デザインはちと微妙な気がしたけど、大きさが手ごろなので購入。楽譜入れるのにいいサイズです。

Photo_5 今回はなかなか充実しているパンフレット。クリスマスカラーで、赤バックのものと、この緑バックのものと表紙が2種類あり。緑は珍しいので、緑を迷わず購入。

なんと、中にRENT検定あり。

難しかった!!

ちなみに、翌日のマチネーで観劇したムスメっちは、同じグッズを全て(笑)色違いで購入。

親子で気があってるんだか、ないんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,11,9 NYでもRENTはとまらないっ 

今まで行ったNYは、1、2回が歌公演のための旅行。

3回目は舞台友との旅行。(1回目、一緒。)

4回目がムスメっちと2人の旅行。

そして、今回は、ミュージカル好きだけど、パン友さんとの旅行、というわけで、今回ベーグル中心です。

お友達はNY1回目なので、それなりに観光込み。

でも、ミュージカルは、というよりPhoto_2、RENTは観る。(笑)

(今までもRENTは必ず観ている、恐ろしいことに。)

なんと特に今回、オリジナルキャストのアダム・パスカルとアンソニー・ラップがブロードウエイに期間限定で出演なんです!!

夏の暑い時期は観客動員数が減るための策のひとつだったんだろうけど、絶対行けないと思ってた。

それが、たまたま出演時期が延長になり、観れる!!ってわかったときはもう興奮のきわみでございました。

とりあえず、まず、アンダーのキャストが出るわけがないであろう、土曜の夜のチケットをネットのチケットマスターでキープ!!(どちらにせよ、土曜夜は割引が使えないのはわかってるので、向こうでプレミアチケットを買うよりは、と、、定価で。手数料かかりますが劇場窓口引取りで。用意周到。)

RENTの上演されているNedelander Theaterは、ブロードウエイの劇場街では端の方、41丁目の治安が悪いと言われているポートオーソリティバスターミナルの近く。「ライオン・キング」で42丁目にディズニーが進出したおかげで、このあたりの治安はかなりよくなり、開発されて、この劇場も夜でも少しも怖くありません。(ディズニー様さまだね)

ワタシはこれは悪しき風習だと思うけど、皆さんチケット持ってても、開場前に並びます。まあ整然としていていいですが。しかし、さすがに土曜夜、スゴイ人です。そのくらいRENTヘッズ(ファン)がいるのかな?日本人もちらほらみえます。

CAST

Roger Davis               Adam Pasucal

Mark Cohen               Anthony Rapp

Tom Collins               Troy Horne

Benjamin Coffin Ⅲ  Rodney Hicks

Joanne Jefferson       Crystal Monee Hall

Mimi Maquez             Tamyra Gray

Maureen Johnson      Nicolette Haret

Mark's Mam and others    Caren Lyn Manuel

Christmas Caroler and others   Marcus Paul James

Mrs.Jeferson and others  Maia Nkenge Wilson

Alexi Darling and others    Yuka Takara

日本でも、外国でもそうですPhoto_3が、一度舞台上演したものを再演したり、あるいは劇団四季のようにロングラン公演することはままありますが、もちろん、最初の役者が常に使われることはありません。いいかえれば、ブロードウエイといえど、当たりのキャスト、はずれのキャストもあるわけです。前回2年前のブロードウエイのキャストは、マーク役がアンダーだったこともあり、アンサンブルもひどく、とてもブロードウエイとは思えないものでした。

今回、アダムとアンソニー、そして、やはり、初演でothers に入っていた、ロドニー・ヒックスも出演するということで、気合が入っているようで、アンサンブルは見事に調和し、アダムやアンソニー以外の役者さんたちもすばらしい出来です。歌も演技もすごくいい。久しぶりに泣きました。

Photo_5 この前の来日公演は演出が随所に変更されていて、納得がいかないものが多く、その分気が散ってどうものめりこめませんでした。

今ロンドンでは、新解釈のRENTが上演されているようなんですが、そちらははっきりいって観たいとは思えません。

やはり、この作品は原作・作曲の故ジョナサン・ラーソン の意図どおりの演出でなければいけない気がするからです。

アダム・パスカル(下)とアンソニーラップ(上)の2人は、そのジョナサンの意図を受け継いでいます。ジョナサン自ら彼らと共に過ごしていたのです。

この作品は難しい。AIPhoto_6DSとホモセクシュアルに、レズビアン、そして麻薬中毒に貧しさ、とおよそミュージカルにふさわしくないようなテーマばかりが羅列されて、歌い上げられていくので、それだけ聞いたらどーいう作品だよ、と思いますが、こんなに美しいメロディの美しい話はないかもしれません。

そしてカーテンコール、ブロードウエイには珍しい、手拍子が出て、ほとんどの人がスタンディング・オーベーション!!そのくらい当たり前の出来でした。ほんとに素敵だった。

しかし、興奮冷めやらぬ中、同行の友達をせかして劇場の外へ。

・・・生まれて初めて、この歳で出待ちしました!!

やっぱり優しいアンソニー。アダムはかっこいいけど、やっぱりアンソニーがいいなあ。

Photo_7 Photo_10 Photo_9

出待ちの間、優しい友達は待っててくれました。ごめんね、夜遅くまで。

なのにこりずに、友達置いて一人でもう一度次の日の夜にRENT観にいったのはワタシです・・・。

翌日も期待は裏切られなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,10,6 NY RENT スペシャルキャスト

Photo_4 2007年 9月29日 ソワレ NY Nederrander 劇場

アンソニー・ラップ

(マーク・コーエン役)

Photo_5 アダム・パスカル

(ロジャー・デイビス役)

当たり前といえば当たり前なんですが、2人ともポスターと同じ顔だ!!

(ポスターは11年前なのに!)

告白します。

生まれて初めて出待ちしました。至福です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,10,6 今日を生きるだけ

Photo_3

これ、つけてると絶対金属探知機鳴るって聞いたんで化粧ポーチの中に入れたんですが、機内手荷物でも鳴りませんでしたね。なーんだ。

これ、買ったらYour good choice!

と言われました。あら、そう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,9,13 いいかげんRENT もとまらないっ メモリー

Photo (画像は2007年夏、ブロードウエイスペシャルキャスト公演、左マーク:アンソニー・ラップ、右ロジャー:アダム・パスカル)

□RENT:観劇記録

              ~いつのまにか10回以上内外で観ていた~

NO.1☆ 1998年 ジャパニーズキャスト

      ロジャー:宇都宮 隆・渡辺 忠士、マーク:山本 耕史、ミミ:浜口 司、コリンズ:石原 慎一、ジョアンヌ:坪倉 唯子、エンジェル:KOJIRO、モーリーン:森川 美穂、ベニー:KONTA シンガー:Tina他

NO.2☆ 1999年3月 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

NO.3☆ 1999年 ジャパ二ーズキャスト

      ロジャー:宇都宮 隆、マーク:山本 耕史、ミミ:浜口 司、コリンズ:石原 慎一、ジョアンヌ:浦島 りん、エンジェル:藤重 政孝、モーリーン:La Pearl、ベニー:泉 洋平 シンガー:山崎 ちか 他

NO.4☆ 2000年4月 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

NO.5☆ 2000年7月 来日公演 文京シビックホール

      ロジャー:Gary Shields、マーク:Matt Caplan、ミミ:Saycon Sengbloh、コリンズ:Mark Ford、ジョアンヌ:Jacqueline B Arnold、エンジェル:Shaun Earl、モーリーン:Erin Keaney、ベニー:Brian M Love、アンダースタディ:Joshua Kobak

このツアーは最高の出来でした♪

NO.6☆ 2003年12月 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

NO.7☆ 2004年2月15日(日) 来日公演、新宿厚生年金会館ホール

NO.8☆ 2月18日(水) 来日公演、新宿厚生年金会館ホール ブレイクスルー当選

NO.9☆ 2005年12月18日 ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

     (12月17日 映画版「RENT」マンハッタンのシネコンにて)

    2006年 4月29日(土)映画版「RENT」初日 渋谷文化村ル・シネマ

      5月13日(土)映画版 渋谷文化村ル・シネマ

NO.10☆ 2006年 11月19日 来日公演、新宿厚生年金会館ホール

NO.11☆ 11月21日 来日公演 、新宿厚生年金会館ホール ブレイクスルー当選

今後の予定

2007年 9月29日(土)ソワレ ブロードウエイ、ネダーランダー劇場

2007年 12月15日(土) 来日公演 国際フォーラムホールC

2008年 12月 ニュー・ジャパニーズキャスト シアタークリエ

☆ 2004年以前の記録は記憶が定かでないので後日補正。(予)

飛行機代含めたらどれだけ使ってるんだい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,9,11 舞台もやっぱりとまらない @サンシャイン劇場

この夏池袋に行かれた方は、駅だのサンシャインだのの壁にへーんなポスターが貼ってあったのにおきづきでしたでしょーか。

Photo 劇団新感線2007年夏休みチャンピオン祭り

「犬顔家の一族の陰謀」

~金田真一耕助乃介の事件です。ノート

という、大変おふざけな(人をばかにしてるとしか思えない)タイトルの芝居、観てまいりました。んで、大阪行った時も観たもんで、なんと2回目です。いいかげんにせーよ、ワタシ。

新感線ファンにはこたえられない、初めて芝居観る人が観たら、怒りそうな内容の(いやマジで)とんでもない芝居でも、ちゃんとS席9500円もします。なのに、2階だったよ。はっきりいって、サンシャインの2階、2階じゃありません!4階分は階段昇ります。捻挫した身にはつらい旅だったわ。

さすがにS席、センターの2列目だったけど、1列目の前の席の4人が前傾姿勢で見やがって観劇マナーが身についていないど素人でございまして、大変むかつきましたが、お芝居始まったら、一度観てわかってんのに笑い転げてしまいまして、おまけにその4人、あんまりネタがわかんないような素人さんだったようなので、(こういうおふざけものは、ネタがわかってなんぼ、ですから~)許そう、と休憩の時、同行の友人に言ったら、許すことはないっすよー、と言ってましたけど。

ネタはわかるところで、オペラ座の怪人、キャッツ、エリザベート、ドリームガールズ、千の風、そしてもちろん、犬神家一族の陰謀にデスノート。

大阪じゃ、オペラ座とキャッツの頭が見れなかったので、観れてよかった~。仕事速攻帰りの友人もなんとか間に合ったので最初から観れてよかった。

橋本じゅんさんも、粟根まことさんもすっごくよかったし、古田新太さんも気持ち悪くっておもしろかったし、いやー、3時間あっという間でした!合間の休憩時間には、舞台のスクリーンでゲキシネの「朧」がやってて、やっぱり観にいこうかな、と思ってしまった。市川染五郎はそんなにファンではないけれど。

それにしてもなんで、この芝居、こんなにチケットとれなくって、しかもヤフオクで高値ついてたんでしょう?不思議ですわ。クドカンが出てたから?でも、この芝居、金田真一がクドカンじゃなくてもいいんじゃないか、と思ってしまったワタクシでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,8,5 舞台もやっぱり止まらない @渋谷オーチャードホール

8月4日(土) 渋谷東急文化村オーチャードホール

Photo 来日ブロードウエイミュージカル 「hair spray」 (2003年トニー賞8部門受賞)

演出:ジャック・オブライエン、マット・トレンツ

脚本:マーク・オドネル、トーマス・ミーハン

振付:ジェリー・ミッチェル

作曲・作詞・編曲:マーク・シャイマン

プロデューサー:マーゴ・ライオン

キャスト

トレーシー・ターンブラッド:ブルックリン・ブルーバー

エドナ・ターンブラッド:ジェリー・オーボイル

ウイルバー・ターンブラッド:ダン・フェレッティ

リンク・ラーキン:コンスタンティン・ロソウリ

ペニー・ピングルトン:アリッサ・マルゲリ

シーウイード・J・スタブス:クリスチャン・ホワイト

モーターマウス・メイベル:アンジェラ・バーチェット

座席:最前列(WAOOOOO~~!!)上手より

○メンバー履歴

ワタシ:2003年、2005年ブロードウエイ観劇に続いて3回目

ムスメっち:2005年ブロードウエイ観劇に続いて2回目

舞台友達のH、Y、O:今回が初回

☆ 今回のキャスト:○トレーシー、ペニー、エドナ、シーウイード、ウイルバー

            △リンク、モーターマウス

  今回のバンド:ノリ良し。愛想よし。でもちょっとリズム遅れがち???

  アンサンブルの出来よし。

  ただ、ホットドッグ屋さんやってた男の子、しょちゅう物落としてました。本人のフォローもよかったし、トレーシーがナイスフォローしてたからほとんど観客にはわからなかったかも。

☆今回のスペシャル

 休憩時間の最後にダンスの振付の人が出てきて、カーテンコールナンバーのダンスのにわか(笑)レッスン♪

私ら最前列ですから、踊らないわけにはいかない。必至ですが、たった一回じゃ踊れるもんじゃあありまへん。それにスピード速すぎ!!でも皆して踊りましたよ。会場全員スタンディングで踊ってました。(ムスメっちは着物着てた。爆)ノリノリもいいとこ!!クールじゃ~ん♪アンサンブルの皆さんが舞台下に下りてきて目の前20センチのとこでダンス・ダンス・ダンス!!終わったところでムスメっちとOはハンサムな黒人俳優さんと手をパチン☆してましたよ。(うらやましい)

バンドのコンマスがやたらノリがよく、ロンゲの銀髪おじさんでカッコようございました。

☆今回の収獲

まあ、10月だかに公開する、トラボルタの出るこの映画みればわかるのはわかってましたが、英語力のなさによる、以前ブロードウエイで2回見てもよくわからなかった疑問点が字幕のおかげでついに解消。座席が最前列とはいえ、上手側だったため、両端にあるどちらの字幕も見づらい。幸い、曲はすでに聞きこんでいるので、あんまり字幕の必要性は感じません。ただ、ジョークの部分とその疑問点のところだけ、必至になって字幕を追ってました。

それにしてもノリにいい、アップテンポのおしゃれなミュージカルなのに、根底に黒人差別問題とか、貧富の差、容姿のいい悪いなど、とにかく差別問題についての定義がこんなになされてるとは思いませんでした。やはり英語の理解力のなさはこういうところに出ます。

☆この会場でゲット

Photo_2 お初チラシです。

でもね、5日にキョードー東京の先行電話予約が(しかも抽選じゃない!)あったんですって。なにそれなにそれなにそれ~!!

イープラスが超最速先行って書いてあるんじゃないよ~っ!

最近アンケート書かないからDM葉書が来なかった・・・(泣)

ワタシのでもししちゃんのでも、どちらか先行、とれてますように。(願)

ダメなら総力戦だわ!!

大阪厚生年金でクリスマスもいいわねー、ってお金もないのに思ったりして。(爆)

クリスマス・ベル鳴る~よ~♪(頭の中で鳴ってますわ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007,7,31 ファースト OSAKA シアターブラバ

Photo_700アターブラバです。

「劇団☆新感線2007年夏休みチャンピオン祭り 犬顔家の一族の陰謀金田真一耕助之介の事件です。ノート」観劇

  東京公演はSOLD OUTの公演でヤフオクで偉くヒートアップしてます。

でも、名作とかまじめな舞台じゃないのよ。これ観になんでわざわざ大阪へ??って驚かれるような、吉本ミュージカル版のような?作品なんですけど。

いいの、橋本じゅんさんと白むちの古田新太を早く観たいんだから。Photo_698Photo_699

大阪は多少当日券があるのは調べていったので、ホテルに行くのに道がよくわからなくて、チェックインしてから、ホテルから徒歩5分の劇場に行ったら、チケットゲット出来ました。始まって15分くらいたってましたが、まあ問題なし。

休憩時間になったら、 会場の外に出る方もいて、どうしてかな?と思ったら、ここの劇場って大阪城のお堀端なんで外風が気持ちいいんです。思わず、他の方たちの真似して、外のワゴンでビールゲット。旨いぜよ!

思わず気分は淡麗 Imgp4313Photo_701 生の堤 真一?(笑)飲んだのはスーパードライでしたが。Imgp4316

どうも、大阪城の周り、その日からライトアップだったようで、帰り道もすごい素適。

舞台もおもろかったんで、満足感溢れて気持ちよくホテルに帰宅。

(ホテルもすいていたようで、部屋はグレードアップされ、少し広いし、22階建てでお部屋は21階。いい気分です。)

さて、夜は昼間ゲットしたパンたちですよー。

いい夜だ。

☆  ☆  ☆

ところでココ見てる方たちはあまり興味ないとは思いますが、ネタバレです。

劇団四季(特にコーラスラインとキャッツ)とミュージカル「エリザベート」のファンの方は観ないほうがいいかも。ワタシはだいじょうぶ、と言う方は、「One」と「闇が広がる」は予習をお奨めします。あ、映画の「デスノート」もだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«心躍らされて なんとNO.2だよ